住宅ローン返済相談
住宅ローン返済相談

住宅ローン返済で、こんなお悩みございませんか?

一番してはダメな事は…
住宅ローンの返済をするために他の借入をする事です。

\まずは私たちにご相談ください/

住宅ローン返済メニュー

対処法①

自宅の貸し出し

自宅を賃貸にして、入ってくる賃料収入でローンの返済に充てることが可能になります。契約は3年ごとの定期借家契約なので、返済の見込みが付いたら、契約を更新しないことで再度家に戻ることができます。

対処法②

返済額の軽減申請
返済期間の延長

短期的に特別な事情により、収入が減少している(または支出が増大している場合) などに、当該期間だけ月々の返済額を軽減してもらう。 または、住宅ローンの返済期間を延長してもらう方法

対処法③

任意整理手続

住宅ローン以外の債務について、貸金業者 と交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らすことで、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。依頼者と毎月支払いに回せる金額について 協議し、貸金業者と和解交渉をしていきます。

対処法④

個人再生手続

将来に置いて継続的に収入の見込みのある人で借金の金額が一定金額以下の場合に利用できる制度で、自己破産と異なり住宅を手放さずに借金の減額等を通じて自己再生を図る制度です。

対処法⑤

任意売却(引越要)

あなた自身の希望によって不動産会社などを通じて自宅を売却するという方法です。自宅は手放すことになりますが、ローンが返済できずに銀行から強制的に競売にかけられるよりは高い金額で自宅を売却出来る可能性が高いです。

対処法⑥

任意売却(引越不要)

一旦、売却するので所有権は購入者に変りますが、賃貸契約を結び、毎月家賃として返済していくことで、家を立ち退く必要がなくなります。
この手法をリースバックと言い、一度自宅を売却し、賃貸として今の家に住み続ける方法です。

対処法①

自宅の貸し出し

自宅を賃貸にして、入ってくる賃料収入でローンの返済に充てることが可能になります。契約は3年ごとの定期借家契約なので、返済の見込みが付いたら、契約を更新しないことで再度家に戻ることができます。

対処法②

返済額の軽減申請
返済期間の延長

短期的に特別な事情により、収入が減少している(または支出が増大している場合) などに、当該期間だけ月々の返済額を軽減してもらう。 または、住宅ローンの返済期間を延長してもらう方法

対処法③

任意整理手続

住宅ローン以外の債務について、貸金業者 と交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らすことで、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。依頼者と毎月支払いに回せる金額について 協議し、貸金業者と和解交渉をしていきます。

対処法④

個人再生手続

将来に置いて継続的に収入の見込みのある人で借金の金額が一定金額以下の場合に利用できる制度で、自己破産と異なり住宅を手放さずに借金の減額等を通じて自己再生を図る制度です。

対処法⑤

任意売却
(引越要)

あなた自身の希望によって不動産会社などを通じて自宅を売却するという方法です。自宅は手放すことになりますが、ローンが返済できずに銀行から強制的に競売にかけられるよりは高い金額で自宅を売却出来る可能性が高いです。

対処法⑥

任意売却
(引越不要)

一旦、売却するので所有権は購入者に変りますが、賃貸契約を結び、毎月家賃として返済していくことで、家を立ち退く必要がなくなります。
この手法をリースバックと言い、一度自宅を売却し、賃貸として今の家に住み続ける方法です。

住宅ローン返済相談

相談員:堀川 八重(ほりかわ やえ)

住宅ローン、もう払えない。 限界だ。
そのとき、
「知識がありかつ信頼できる人」に相談できるか、できないかによって、あなたのその後の人生が決まるといっても過言ではありません。

住宅ローンの返済に困ったときは、解決策の知識と経験のある信頼できる方に相談することが最も大事なことです。

ですから、あなたも早めに専門家に相談をしてください。
そうすることによって、本当に選択肢が広がります。

当然、これまで経験したことがないあなたが、一人で悩んでいても解決しません。

一時しのぎで、カードローンを借りてとりあえず今月分の住宅ローンに充てる、ということも絶対にしないでください。

そんなことしても事態は悪くなる一方です。

誰でもイレギュラーは起こります。
でも、そうなった時こそどう動くかそれが大事ですよね。

適切な行動によって、その後の人生は必ずまた良くなります。

私たちにお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

住宅ローンでお困りでしたら
まずは、私たちにご相談ください!